Information

Pick Up

2021/09/26 発行
主催:大正浪漫アンソロジィ「大正花暦


2021/09/26(日)開催
第九回文学フリマ大阪を欠席します。
当日は「淡々文庫」様(ブーズ:G-31)で新刊アンソロの委託頒布をいたしました。ご厚意に心から感謝いたします!

About

PRIMAVERA LABEL(プリマヴェーラ・レーベル)はオリジナル小説サイトです。不思議でノスタルジーな短編や中編をのんびり更新しています。当サイト内コンテンツの無断転載・盗作・自作発言等の行為はご遠慮ください。
2018年から個人サークルを始動しました。関西圏の文学イベント・展示会を中心に活動しています。参加・新刊等の情報はツイッターやブログをご覧ください。

Author

花野木あや(はなのぎ あや)
19世紀から20世紀初頭の日本やヨーロッパが舞台の時代物や少し不思議なお話を書きます。四季折々の花を見つけることが好きです。
ご感想・ご連絡等はメールフォーム・ツイッターDMをご利用ください。一言励ましをいただけるだけでとても喜びます。
twitter message photo

Main Novels

Long Story

野々宮家の人々

時は昭和初期。不思議を見聞きできる〈みどりの眼〉を持つ野々宮家の七人兄妹に舞い込む、不思議な出来事とは…?四季折々に不思議が息づくレトロな世界で織りなす短編集。
2020.06.07最終更新 / 一話完結短編集

薄花の咲きこめて、春と恋う

大正六年春、京都。〈あわいもの〉を視ることのできる青年は、ふとした偶然から音楽家の男と出会う。花舘家の桜の古木の花守である彼は、その桜に宿る神に叶わぬ恋をしていた。それは悲しくも美しい運命で…。
2013.09.30[19.08改稿] / 中編 / 完結済

ステラ・マリスの手記

明治三十八年、春の神戸。小さな洋館に、ある秘密を抱えた兄弟が住んでいた。子爵令嬢と出会ったことから、一日と記憶を保てない兄にある感情が芽生える。それは止まった時を動かす鍵で…。季刊ヘキVol.8寄稿作品。
2017.05.01 / 中編 / 完結済

エーテルの星は眠る

港町神戸は、西洋の風が吹く北野。想像が形となって現れる力を持つ少女が訪れた骨董屋《満天堂》。彼女は壊れた天体スコープの修理を依頼する。銀河鉄道の夜モチーフの過去を振り返る物語。Arium寄稿作品。
2016.05.27 / 中編 / 完結済

Short Story

ピアニストの恋

少年期を過ごした屋敷を訪れた若きピアニストは、未亡人となった夫人と再会する。奏でられた調べには、秘められた想いがあった…。
2012.03.01 / 19世紀末 / 短編

夕暮れの歌姫

夜も間近の東京・銀座。バーの歌姫は一度きり訪れた客新聞記者と偶然出会う。二人のロマンスの行方は…?
2012.03.12 / 大正ロマン / 短編

レディ・シャルロッテ

町を見下ろすように建つ〈人形の館〉には狂わしい過去があった。とらわれの美しい少女と、彼女を偏愛した伯爵の数奇な運命を辿る。
2012.05.15 / 19世紀初頭 / R-15 / 短編

薔薇の棘にお気をつけて

マッカーシズムにより赤狩りが行われた時代。ハリウッドで女優を夢見る女性に宛てられた、恋人からの手紙に綴られた愛の言葉とは…。
2012.11.17 / 1950年代米国 / 短編

百色キネオラマ

帝大生の綾彦は友人の誘いで浅草の舞台を見に行くことになった。そこで彼は運命的な出会いを果たす。彼の抱いた想いの正体は…?
2013.01.14 / 大正ロマン / 短編

君の眠る造花の庭

恋人を亡くした発明家は、彼女を甦らせるためにある発明に着手する。成功したように見えたそれは、けれど哀しい幻想でしかなかった。
2013.03.20 / 19世紀末 / 短編

十七回目の春へ

つつじの庭での出来事から、冬眠をするようになった幼馴染の少女。ただ見守るしかできない彼の独白と、やがて迎える十七回目の春の話。
2013.05.06 / 現代ファンタジー / 短編

寒丹花

しがない小説家・雪澄はある冬の日、美しい娘と出会う。彼をけなげに慕う彼女には遠い過去の記憶と、哀しい秘密があった。
2013.05.21 / 昭和初期 / 幻想奇譚 / 短編

AM 2:00

幽霊坂の上のアパートに引っ越してきた女子大生・夏木は、その部屋で幽霊になった青年と出会った。満天の星の下、ふたりは語らう。
2013.06.15 / 現代ファンタジー / 短編

色のない町

時が止まり色彩を失った町で〈僕〉はヴィヴィと名乗る少女と出会う。不思議の町で鍵を探しに町を駆けていった先に待つ真実とは…。
2013.08.20 / 童話ファンタジー / 短編

薔薇の下の乙女は、

女学校の薔薇園には幽霊が出るという噂があった。読書好きな女学生は、美しい少女に会い薔薇の下に隠された秘密を知る。
2018.05.27 / 昭和初期 / 幻想奇譚 / 短編

Offline Activity

Books

書籍について
文学イベントに合わせて小説本を発行しています。詳細は「PRIMAVERA LABEL offline」にまとめています。試し読みも掲載しています。


通販サイト: BOOTH

Event History

今まで参加したイベントです。
2020/12/26~2021/03/21
全通販型即売会Text-Revolutions Extra2
2020/01/19
第四回文学フリマ京都(スペース:く‐05)
2019/11/01
ギャラリー:小さな本屋「ハリブックス
2019/09/08
第七回文学フリマ大阪(スペース:D‐20)
2019/01/20
第三回文学フリマ京都(スペース:お‐19)
2018/01/21
第二回文学フリマ京都(スペース:お‐24)

Anthology

参加させていただいた小説アンソロジーです。
2021/01/17
アンソロ「同じ日日記<8/22> 」寄稿
2020/05/03
コラム雑誌「Nia vol.4 」アンケート寄稿
2019/05/06
春×少女アンソロ「乙女は春に手折られる」寄稿
2019/01/20
冬×少年アンソロ「雪灯りの僕ら」寄稿
2017/05/07
キョウダイアンソロ「季刊ヘキ vol.8」寄稿
2016/10/23
小説誌「SILFANY vol.1」寄稿
2016/08/21
場所アンソロ「arium」寄稿

Copyright© 2021 PRIMAVERA LABEL All Rights Reserved